恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > 紹介記事一覧 > 2019年7月 > 譲り合う心で交通事故を防ごう

譲り合う心で交通事故を防ごう

総務課 公開日 2019年 7月 14日

  7月9日(火曜日)、市消防防災センターで市交通安全市民大会が行われ、市交通安全対策協議会の役員ら80人が参加し、交通事故防止を誓いました。

  これは「夏の交通安全県民運動」の取り組みの一つとして行われたもので、市民に交通安全意識を広め、交通事故を防止することに取り組む契機として同協議会が毎年主催しています。

  会長を務める小坂市長は「メディアが事故を取り上げ社会が大きく動く出来事が続いている。市でも、特に危険と判断した交差点3カ所にガードパイプを設置することとした。交差点対策には引き続き点検を進めていくので、皆さんの声を寄せてほしい。交通安全運動は継続していくことで周知され、安全への機運が高まっていく。引き続き協力をお願いします」と述べました。

  また、交通安全活動を継続して実施している個人や団体、多年にわたり交通死亡事故ゼロを継続している地域自治区が表彰され、表彰状が手渡されました。

  最後に、特に力を入れる取り組みとして、高齢者や子どもの事故防止、飲酒運転の根絶、すべての座席のシートベルトとチャイルドシートの着用、自転車の安全運転が決定され、参加者全員で唱和を行いました。

  その後、市立恵那病院リハビリテーション室の堀江正彦さんが、踏み間違い防止のための体操や判断能力向上の体操などを紹介。参加者は熱心に耳を傾けていました。

  夏の交通安全県民運動は「ゆずりあう心で夏の交通事項防止」をスローガンに、7月20日まで行われます。


交通安全の誓いを唱和
(交通安全の誓いを唱和)

運転前の簡単な体操が紹介された
(運転前の簡単な体操が紹介された)

市交通安全功労者表彰を受けた皆さん

  • 個人 和田敏彦さん(長島町)
  • 団体 近藤工務店(中野方町)
  • 多年にわたり交通死亡事故ゼロを継続している地域自治区 東野地域自治区、山岡町地域自治区

交通安全功労者
(交通安全功労者)
交通事故ゼロが続いている地域自治区
(交通事故ゼロが続いている地域自治区)



最近の記事

緊急情報

緊急情報のアイコン  市役所 健幸推進課から、胃、大腸がん検診についてお知らせします。   市では、...

2019年05月27日 09時00分
過去の緊急情報
市議会 条例・例規検索サイト 申請書ダウンロード

恵那市公式Facebook 恵那市公式Instagram

窓口のご案内市役所へのアクセス市政窓口各課ご案内
市役所からのお知らせ広報えな音声告知器メール配信サービス
みなさんのご意見・質問声のひろばパブリックコメント投稿フォーム
50,063人
19,909世帯
504.24㎢
令和元年8月1日現在
恵那市の詳細