恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > 紹介記事一覧 > 2019年7月 > 世界チャンピオンから一輪車の技を習う

世界チャンピオンから一輪車の技を習う

総務課 公開日 2019年 7月 18日

  串原小学校で7月16日、国際一輪車大会で優勝経験のある選手を招いた一輪車講習会があり、全校児童が指導を受けました。
  同校では毎年、運動会で全校児童による一輪車演技を披露しており、一流選手から直接指導を受けることで技術を磨こうと、公益財団法人ベルマーク教育助成財団を通じて講師を招きました。国際大会で優勝経験のある鈴木奈菜さん(34歳)と須郷真弥さん(31歳)の2人が同校を訪れました。鈴木さんは2004年の第12回国際一輪車競技大会ペア演技部門優勝、須郷さんは2006年の第13回国際一輪車競技大会個人演技女子エキスパート部門優勝という経歴の持ち主。同財団の事業に協力し全国各地で子どもたちへ指導を行っています。
  この日は、2学年ずつに分けて講習を実施。1、2年生が参加した2時限目では1年生6人を鈴木さんが、2年生3人を須郷さんが受け持ち指導しました。
  1年生は、8の字走行やペアになって両手をつないで前進する技に挑戦。2年生は3人が手をつないで斜めに走行したり、2人が手をつないでもう1人がその間をくぐったりするなどし、演技の技術を磨きました。鈴木さんと須郷さんからは「下を向かないで」「背筋を伸ばして」などと声が掛けられ、子どもたちは真剣な表情で練習に励みました。
  1年生の川上大晴(たいせい)君は「上手に8の字走行ができるようになった」と、2年生の大島舞さんは「いろいろな技を指導してもらえて楽しかった。3人で力を合わせて上手にできた」と、それぞれうれしそうに話しました。
  同校の運動会は9月14日に開催が予定されています。練習を積み重ねた児童たちの一輪車演技に期待が膨らみます。


2人1組になって練習に励む1年生児童
(2人1組になって練習に励む1年生児童)

演技力を磨く練習をする2年生児童
(演技力を磨く練習をする2年生児童)
児童の手をとって指導する鈴木さん
(児童の手をとって指導する鈴木さん)
3人1組による演技を指導する須郷さん
(3人1組による演技を指導する須郷さん)



最近の記事

緊急情報

緊急情報のアイコン  市役所 健幸推進課から、胃、大腸がん検診についてお知らせします。   市では、...

2019年05月27日 09時00分
過去の緊急情報
市議会 条例・例規検索サイト 申請書ダウンロード

恵那市公式Facebook 恵那市公式Instagram

窓口のご案内市役所へのアクセス市政窓口各課ご案内
市役所からのお知らせ広報えな音声告知器メール配信サービス
みなさんのご意見・質問声のひろばパブリックコメント投稿フォーム
50,063人
19,909世帯
504.24㎢
令和元年8月1日現在
恵那市の詳細