恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > 紹介記事一覧 > 2020年1月 > 香港の大学生が版画作りを体験

香港の大学生が版画作りを体験

総務課 公開日 2020年 1月 12日

  1月11日、中山道広重美術館で、香港の大学生が版画と落款(らっかん)を作る体験をしました。

  体験したのは香港公開大学の3年生32名。昨年9月に名古屋商科大学の留学生が同様の体験をしたことがきっかけで、そのパートナー校である香港の大学から今回訪れました。 

  企画したのは、中山道大井宿を版画のある町にしたいという市民有志らで、版画指導は恵那西中学校の美術教諭が行いました。またスタッフとして、版画制作や国際交流に関心がある同中学校の生徒4人がボランティアで参加しました

  香港の大学生らは版画は初体験。限られた時間で体験してもらうため、簡単にできるよう消しゴムを使って、彫る体験を行いました。始めに説明を受けると、学生らは、漢字やカタカナ、アルファベットなどでそれぞれ名前を、スマートフォンで図柄を探すなどして絵を彫っていました。気に入ったものができると彫った消しゴムに絵の具を付け、スタンプのように押して、絵はがきを完成させました。

  体験した大学生のカレンさんは「はがきには香港の自分の住所を書いた。自分宛てです」と微笑みました。シンディさんは、体験の感想を「とても楽しかった。日本の落款が海外の画家に影響を与えていることなども知ることができて、勉強になった」と話しました。

 


絵はがきを作る香港の大学生
(絵はがきを作る香港の大学生)

彫刻刀で消しゴムを彫る
(彫刻刀で消しゴムを彫る)
中学生もサポート
(中学生もサポート)
お互い見せあいながら作る
(お互い見せあいながら作る)
出来上がった絵はがき
(出来上がった絵はがき)



最近の記事

緊急情報

緊急情報のアイコン 本日1月22日(水曜日)午後3時20分頃、山岡町馬場山田地内の花白駅付近において...

2020年01月22日 15時45分
過去の緊急情報
市議会 条例・例規検索サイト 申請書ダウンロード

恵那市公式Facebook 恵那市公式Instagram

窓口のご案内市役所へのアクセス市政窓口各課ご案内
市役所からのお知らせ広報えな音声告知器メール配信サービス
みなさんのご意見・質問声のひろばパブリックコメント投稿フォーム
49,821人
19,889世帯
504.24㎢
令和2年1月1日現在
恵那市の詳細