子宮頸がんワクチンを自費で受けた方に対する償還払い

更新日:2022年07月01日

対象者

平成9年4月2日から平成17年4月1日生まれの女性で、令和4年4月1日時点で恵那市に住民票がある方で、HPVワクチンを小学6年生から高校1年生の定期接種期間を過ぎて接種した方

助成額

15,939円か実費(3回接種分までに限る)に相当する額のいずれか低い額。

  • 接種費用最大3回分(助成額に上限あります)
  • 予防接種以外の費用(交通費や文書料など)は対象外です

申請期間

令和7年3月31日まで

申請方法

下記の持ち物を持参し、健幸推進課窓口で手続きしてください。

持ち物

  1. 申請書(以下様式にてダウンロードできます)
  2. 接種費用の支払いを証明する書類(領収書および明細書、支払い証明書の原本)
  3. 予防接種記録(母子健康手帳、接種済証、接種済の記載のある予診票等)
  4. 振込先の通帳またはキャッシュカード
  5. 身分証明書(運転免許証など)

(注意)
3の予防接種記録がない場合、接種した医療機関による証明書の記載(様式2)が必要です。

子宮頸がんの予防接種について

この記事に関するお問い合わせ先

健幸推進課 母子保健係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎2階

電話番号:0573-22-9256
ファクス:0573-20-2122