高齢者公共交通支援事業

更新日:2021年06月11日

目的

新型コロナウイルス感染症の影響により高齢者にとっては外出機会が減少することで体力や気力が減衰し、フレイルを招くことが心配されます。介護予防と重度化を防止するため、高齢者の通院、買い物等の必要な外出を支援することを目的に、高齢者が公共交通機関において使用できる恵那市高齢者公共交通利用券を交付します。

フレイルとは

健常から要介護へ移行する中間の段階と言われています。具体的には、加齢に伴い筋力が衰え、疲れやすくなり家に閉じこもりがちになるなど、年齢を重ねたことで生じやすい衰え全般を指しています。高齢者の多く場合、フレイルの時期を経て、徐々に要介護状態に陥ると考えられています。

適切に支援を受けることで健常な状態に戻ることができる時期ともされています。

対象者

令和3年4月1日時点で市内に住民登録のある75歳以上の高齢者

助成の内容

公共交通機関の運賃に使用できる利用券を1人当たり1万円分(100円券100枚)

利用できる公共交通機関

・明知鉄道

・路線バス、コミュニティバス、福祉有償運送

・デマンド交通

・タクシー、介護タクシー

申請方法

・窓口申請(高齢福祉課窓口)

・郵便申請(申請書の送付)

・WEB申請(QRコードの読み取り)

申請期限

令和3年11月30日(火曜日)まで(郵送申請は当日消印有効)

利用期限

令和3年4月1日から令和4年3月31日まで

この記事に関するお問い合わせ先

地域包括支援センター

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎1階

電話番号:0573-22-9112
ファクス:0573-25-7294