えなのおいしいお米

更新日:2020年01月30日

長い歴史と高い評価 未来へつなげたい恵那のお米

稲穂が実った田んぼに立ちおいしいお米を紹介するエーナ

みんながいつも食べているお米。
特に市内で収穫したお米は、長い歴史を持ち、高い評価を受けているんだナ。

奈良県で発見された7世紀後半の物と推測される木簡に、「恵那のお米が当時の都へ献上された」という記録が残っていたんだって。昔からお米作りが盛んだったんだナ。

市内には棚田がある地域が多くて、平地と比べると田んぼの面積が小さいんだナ。だから耕作の効率が悪くて、お米がたくさん採れないんだって。でも、日中と夜中の寒暖差が大きいから、お米がじっくり実りやすく、甘みのあるおいしいお米へと成長するんだナ。

実りの秋を迎え頭を垂らす稲穂

市内で収穫したコシヒカリを含んだ美濃コシヒカリは、日本穀物検定協会による食味ランキングで4年連続最高ランクの特Aとして認定されたんだって。市内で収穫するお米は、とっても貴重でおいしいお米なんだナ。

毎日食べているお米だからこそ、その価値を再確認してもらえるとうれしいんだナ。

(広報えな2019年12月号掲載)

エーナが恵那市の自慢を紹介!

市公式キャラクター「エーナ」が、恵那市内の観光スポットや農産物、特色ある企業などを訪問し、紹介する「広報えな」の人気コーナー「エーナの社会見学」。このページでは、エーナの社会見学から恵那市の自慢を紹介していきます。

恵那市には数多くの誇るべきものがありますが、あまり知られていないものもあります。このコーナーをきっかけに、市民の皆さんがより多く恵那市について知り、郷土への誇りや愛着を持っていただければと願っています。

同時に、市外や県外の方々に、恵那市の魅力を感じていただき、ぜひ恵那市を訪ねていただければと願っています。

記事の内容は「広報えな」掲載時における内容を元にしていますので、現在と異なっている場合があります。ご了承ください。

イイネと左手を挙げるエーナ
クリの中でびっくりと言うエーナ
やらあと言ってほほ笑むエーナ

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 広報広聴係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎3階

電話番号:0573-22-9176
ファクス:0573-25-6150