人・農地プラン

更新日:2020年11月02日

人・農地プランの実質化について

 人・農地プランとは、農業者が話合いに基づき、地域農業における中心経営体、地域における農業の将来の在り方などを明確化し、公表するものです。

 恵那市では、農業者農業従事者の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などで、5年後、10年後の持続可能な力強い農業を実現するため、基本となる人と農地の問題を一体的に解決するための「未来の設計図」を15地区で作成し公表しておりますが、このたびの国の事業の見直しに伴い、既存プランを13地区で見直し、実質化した内容に基づくものにするよう取り組みます。

取り組み内容

  1. アンケートの実施(市内農地30a以上の所有者を対象に実施)
  2. 地図による現況把握(1のアンケートを基に、耕作者の年齢層・後継者がいない農地を「見える化」し、地域の話し合いの場で活用します)
  3. 地域における話し合い(農事改良組合長会などで、5年から10年後の地域の農用地とその農用地利用を担う経営体(中心経営体)の在り方を話し合います)

    人・農地プランの実質化に向けた工程表(PDFファイル:48.4KB)

人・農地プランの実質化により受けられる主な補助事業

この記事に関するお問い合わせ先

農政課 農政係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎3階

電話番号:0573-22-9193
ファクス:0573-25-8933