多面的機能支払交付金

更新日:2020年01月30日

概要・目的

 過疎化や高齢化により、農地や水路などの農業用施設を地域の農業者だけで守っていくのが難しくなっている中、平成19年度から農地・水保全管理支払交付金により、地域で行う農地維持や農業用水路などの保全管理と農村環境を向上をさせる活動に対し、支援が行われてきました。

 平成26年度から、農業の有する多面的機能の発揮を促進し、担い手の負担を軽減することを目的とした日本型直接支払制度の「多面的機能支払交付金」として事業内容が拡充されて実施されることになりました。 

内容

 集落などを単位として設立された活動組織が市と協定を締結して、農地や水路などの基礎的な保全管理活動を行う「農地維持支払交付金」と、施設の質的向上を図る共同活動(軽微な補修、植栽による景観形成など)、施設の長寿命化のための活動を行う「資源向上支払交付金」があり、それぞれの活動に対して支援します。

助成

  • 農地維持支払交付金は
      田 10アール当たり3,000円
      畑 10アール当たり2,000円
  • 資源向上支払交付金(共同活動)
      田 10アール当たり1,800円
      畑 10アール当たり1,080円
  • 資源向上支払交付金(長寿命化)
      田 10アール当たり4,400円
      畑 10アール当たり2,000円

この記事に関するお問い合わせ先

農政課 農山村保全係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎3階

電話番号:0573-22-9194
ファクス:0573-25-8933