B型肝炎

更新日:2022年04月01日

概要・目的

平成28年10月1日からB型肝炎予防接種が定期予防接種となりました。

内容

B型肝炎ウイルスの感染により起きる肝臓の病気に対する予防接種です。

対象者

平成28年4月1日以降に生まれた1歳未満の方

(注意)1歳の誕生日を迎えると定期接種の対象外となるため、任意接種(全額自己負担)となります。

接種回数・接種間隔

接種回数:3回

標準的な接種期間:生後2か月~生後9か月まで

1回目 生後2カ月から接種開始

2回目 1回目の接種から27日以上あけて接種

3回目 1回目の接種から139日以上あけて接種

実施医療機関

母子健康カレンダーから、恵那市指定医療機関一覧をご参照ください。

予約については、恵那市指定医療機関一覧をご確認ください。

持ち物

予診票、母子健康手帳、健康保険証、福祉医療受給者証。

料金

無料 

※ただし、対象の年齢からはずれた場合等は、自己負担となります(長期にわたり療養を必要とする疾病にかかった者等の定期接種の機会の確保で対象に該当する方は公費で接種できます。下記までご連絡ください)

病気の説明

B型肝炎ウイルスの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(この状態をキャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、そのうち一部の人では肝硬変や肝がんなど命に関わる病気を引き起こすこともあります。

この記事に関するお問い合わせ先

健幸推進課 母子保健係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎2階

電話番号:0573-22-9256
ファクス:0573-20-2122