小児用肺炎球菌

更新日:2022年04月01日

概要・目的

肺炎球菌による細菌性髄膜炎、菌血症、肺炎、副鼻腔炎、中耳炎などを予防する予防接種です。

平成25年11月1日から、小児用肺炎球菌ワクチンが7価から13価へ一斉に切り替わりました。
7価ワクチンには、7種類の肺炎球菌の成分が含まれていますが、13価ワクチンには、新たに6種類が追加され、計13種類の成分が含まれています。これにより、従来よりも多くの肺炎球菌の種類に対して予防効果が期待できると考えられています。

(すでに7価ワクチンで接種を始めている方へ)
引き続き13価ワクチンで接種してください。接種間隔と回数に関しては、今までと同様です。

対象者

生後2カ月から5歳未満

小児用肺炎球菌ワクチンは予防接種を開始する年齢で、回数が違います。

接種間隔と回数表

接種開始年齢  接種間隔 接種回数

生後2カ月以上7カ月未満

初回接種:27日以上(4週間以上)の間隔で3回接種(2歳未満までに完了)

※ただし、2回目の接種が1歳を超えた場合、3回目の接種は行わない


追加接種:3回目終了後60日以上あけ、かつ1歳になった日以降に1回接種

初回:3回

追加:1回

生後7カ月以上1歳未満

初回接種:27日以上(4週間以上)の間隔で2回接種

※ただし、2回目の接種は2歳になるまでに行い、2歳を超えた場合は行わない


追加接種:2回目終了後60日以上あけ、かつ1歳以降に1回接種

初回:2回

追加1回

1歳以上2歳未満

60日間以上の間隔をあけて2回接種 2回

2歳以上5歳未満

 1回接種 1回

標準的な接種期間:初回接種は、生後2か月~生後7か月になるまでに開始

         追加接種は、初回接種(3回目の接種)終了後60日以上の間隔をあけて

                                生後1歳~1歳3か月までに1回接種

 

実施医療機関

母子健康カレンダーから、恵那市指定医療機関一覧を参照ください。

予約については、恵那市指定医療機関一覧をご確認ください。

持ち物

母子健康手帳、予診票、健康保険証、福祉医療受給者証など住所・氏名・年齢の確認できるものを窓口で提示してください。

料金

無料

※ただし、対象の年齢からはずれた場合等は、自己負担となります(長期にわたり療養を必要とする疾病にかかった者等の定期接種の機会の確保で対象に該当する方は公費で接種できます。下記までご連絡ください)

接種間隔と回数

病気の説明

肺炎球菌は、細菌による子どもの感染症の二大原因の一つです。

子どもの多くが鼻の奥に保菌していて、ときに細菌性髄膜炎、菌血症、肺炎、副鼻腔炎、中耳炎といった病気を起こします。肺炎球菌による化膿性髄膜炎の罹患(りかん)率は、ワクチン導入前は5歳未満人口10万に対し2.6から2.9とされ、年間150人前後が発症していると推定されていました。

死亡率や後遺症例(水頭症、難聴、精神発達遅滞など)はヒブによる髄膜炎より高く、約21パーセントが予後不良とされています。

この記事に関するお問い合わせ先

健幸推進課 母子保健係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎2階

電話番号:0573-22-9256
ファクス:0573-20-2122