全国瞬時警報システム(Jアラート)の情報伝達訓練

更新日:2022年06月28日

全国一斉情報伝達訓練

大規模地震や武力攻撃などの発生時に備え、全国瞬時警報システム(Jアラート)を使った情報伝達訓練が全国で一斉に実施されます。

国から送信された緊急情報を市町村が正しく受信し、瞬時に放送するために行う訓練です。市内全域の防災行政無線の屋外スピーカーと各世帯の音声告知器で放送が流れます。

皆さんのご理解、ご協力をお願いします。

訓練の概要

訓練放送内容

Jアラート伝達訓練の場合

  • チャイム音
  • 放送「これはJアラートのテストです」×3回
  • 放送「こちらは広報えなです」
  • チャイム音

地震速報訓練の場合

  • 緊急地震速報チャイム音
  • 放送「緊急地震速報。大地震です。大地震です。これは訓練放送です」×3回
  • 放送「これで訓練放送を終わります。」
  • チャイム音

全国瞬時警報システム(J-アラート)とは?

緊急地震速報や弾道ミサイル情報など、対処に時間的余裕のない事態に関する緊急情報を、国から人工衛星及び地上回線を通じて瞬時に伝達するシステムです。

(外部ページ:新しいウィンドウが開きます)

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課 危機管理係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎3階

電話番号:0573-22-9184
ファクス:0573-26-4799