「警戒レベル4」が発表されたら避難して

更新日:2020年07月31日

水害・土砂災害情報は「警戒レベル」で伝えます

水害・土砂災害が起こる可能性がある場合「警戒レベル」という言い方で、避難のタイミングを伝えます。

「警戒レベル4」すべての人が危険な場所から避難

「警戒レベル4、避難開始」「警戒レベル4、避難勧告を発令しました」のような内容で、市から避難行動を呼び掛けます。
このようなときは、全ての人が危険な場所から安全な場所へ速やかに避難してください。公的な避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や、自宅内のより安全な場所に避難してください。

「警戒レベル3」高齢者などは危険な場所から避難

「警戒レベル3」を市から発令したときは、高齢者や障がいを持つ方、乳幼児など避難に時間がかかる人は、危険な場所から安全な場所へ避難してください。その他の人は、避難の準備を整えてください。

「警戒レベル2」避難行動の確認

「警戒レベル2」のとき(洪水注意報・大雨注意報など)は、避難行動を確認してください。ハザードマップなどを確認するなどして、避難に備え、自分がどういう行動を取るべきか確認してください。

「警戒レベル1」心構えを高める

「警戒レベル1」のとき(早期注意報など)は、災害への心構えを高めてください。

「警戒レベル5」災害発生。命を守って

「警戒レベル5」を市が発令したときは、既に災害が発生している状況です。命を守るための最善の行動を取ってください。
警戒レベル5が出てもまだ避難できていない場合は、自宅の少しでも安全な場所に移動するか、すぐ近くに安全な建物があればそこに移動するなど、命を守るための最善の行動を取ってください。

  • 警戒レベル5災害発生情報は、市などが災害発生を把握できた場合に可能な範囲で出す情報で、必ず出される情報ではありません。

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課 防災係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎3階

電話番号:0573-22-9184
ファクス:0573-26-4799