ゼロカーボンシティえな 市地球温暖化対策実行計画

更新日:2022年07月04日

概要・目的

 近年、地球温暖化が原因と考えられる災害や異常気象が多発しています。地球温暖化は、私たちの生活から排出される二酸化炭素など、温室効果ガスの増加が原因とされています。そこで、市は、2050年までに二酸化炭素の排出を実質ゼロにすることを目指して「ゼロカーボンシティえな」を宣言しました。実施にあたっては、新たに策定した「市地球温暖化対策実行計画【区域施策編】」を基に実現に向け取り組みます。

ゼロカーボンとは

家庭や企業から排出される二酸化炭素(カーボン)などの温室効果ガスを、太陽光発電による電気などの再生可能エネルギー導入によって削減し、森林の吸収分により相殺して、排出量を実質的にゼロにすることです。

市の温室効果ガス削減目標

  • 2030年度に2013年度比46パーセント削減
  • 2050年カーボンニュートラルを目指す

 2013年度CO₂排出量551,673トンに対し、2030年度に省エネの取組みと再生可能エネルギーの導入、森林吸収により、CO₂排出量を296,292トンまで46パーセント削減を目標とします。また、2050年までにCO₂の実質排出量をゼロとする、カーボンニュートラルを目指します。

地域の将来ビジョン

「2050年ゼロカーボンシティえな」
~青と緑と太陽と土を生かし、持続可能なまちを創る~

重点テーマ

  1. 恵み豊かな郷土の自然を守り共生する
  2. 環境負荷の少ない循環型社会を構築する
  3. 地球温暖化を防止する脱炭素社会を実現する
  4. 持続可能なまちを創る仕組みづくり・人づくりを推進する

宣言文・計画

令和4年6月14日以前に概要版および本編をダウンロードをされた場合は、正誤表により修正をお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

環境課 ゼロカーボン推進室


〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎2階

電話番号:0573-22-9104
ファクス:0573-25-8204