高額医療高額介護合算療養費制度

更新日:2020年01月30日

高額医療・高額介護合算療養費の支給

医療保険と介護保険で1年間(毎年8月1日から翌年7月31日まで)に支払った医療費と介護サービス費の自己負担額の合計が、下表の算定基準額を超えた場合に、その超えた分が支給されます。支給には申請が必要です。

算定基準額
所得の区分 算定基準額
現役並み所得者3(課税所得690万円以上) 212万円
現役並み所得者2(課税所得380万円以上) 141万円
現役並み所得者1(課税所得145万円以上) 67万円
一般 56万円
区分2 31万円
区分1 19万円

持ち物

  1. 後期高齢保険証
  2. 介護保険証
  3. 印鑑
  4. 通帳(口座番号が分かるもの)
  5. マイナンバー

窓口で手続きされる方の本人確認ができるもの(免許証など)

この記事に関するお問い合わせ先

保険年金課 保険年金係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎1階

電話番号:0573-22-9127
ファクス:0573-26-0087