ファミリー・サポート・センター

更新日:2022年04月27日

概要・目的

おおむね生後2か月から12歳までのお子さんを対象とし、子育ての援助を受けたい方(依頼会員)、援助をしたい方(援助会員)がそれぞれ会員として登録し、冠婚葬祭のときに子どもを一時的に預けたり、保育園などへの送迎を頼んだりする、いざという時に安心して利用できる、市民同士の連携による子育て支援システムです。

内容

通常サポート(前日までの予約が必要です)

  1. 家族が病気になった時の子どもの世話
  2. 妊産婦家庭の子どもの世話
  3. 冠婚葬祭の時の子どもの世話
  4. 学校行事・講演会など子どもを連れて行けないとき
  5. 保育園などの送迎

緊急サポート

  1. 急な出張や残業などで保育園にお迎えに行けなくなった時
  2. 発熱、警報発令など、保育園からの急な呼び出し
  3. 病児、病後児の世話や通院

申請方法

  1. 入会の申し込み登録をする
  2. 依頼会員はファミリー・サポート・センターに援助依頼を申し込む
  3. ファミリー・サポート・センターが援助会員をあっせん
  4. 依頼会員と援助会員で事前に打ち合せ
  5. 援助会員が依頼活動を実施

【令和4年4月から追加】                      第3子以降児童が利用する場合は通常サポート料金が無料

ファミリー・サポート・センターを第3子以降の児童が利用する場合に、年間48時間を上限として、通常サポート料金分(1時間当たり400円)に関しては、利用料金の負担が不要となります。
第3子以降の児童が利用する場合は、「第3子以降児童利用申請書」を市に提出し、承認を受ける必要がありますので、事前に申請してください。                            【申請時の持ち物】第3子以降の児童について確認できる書類(子ども全員分の母子手帳等)


また、第3子以降の児童の利用で援助活動をされた方には、依頼会員さんから受け取るはずの利用料金(1時間当たり400円)を、申請により通常の補助金(1時間あたり300円)に加算して補助します。

利用料金

利用料金表
利用日 利用時間 通常サポート 緊急サポート
平日 午前7時から午後7時 1時間 400円 1時間 800円
平日 上記以外の時間 1時間 500円 1時間 1,000円
土、日、祝日、12月29日から翌年1月3日 終日 1時間 500円 1時間 1,200円

 

備考

  1. 利用時間が1時間未満の場合は、1時間あたりの利用料金とする。
  2. 利用時間が1時間を超えた場合は、30分ごとに1時間の半額の利用料金を加算する。
  3. 依頼会員は、対象児童の送迎で援助会員が負担した費用について、実費相当分を負担する。

申し込み先

ファミリーサポートセンター 

恵那市長島町正家613番地10 東濃地域木材流通センター木ポイント内ログハウス
電話番号 0573-25-7121
月曜日から金曜日 午前9時から午後5時(祝祭日・年末年始は除く)

援助会員への助成

補助内容

援助時間1時間につき300円の補助

第3子以降の児童が利用した場合は、援助時間1時間につき700円の補助

申請の流れ

  1. 援助活動後、月ごとに「恵那市ファミリー・サポート・センター相互援助活動補助金交付申請書」、「活動補助額集計表」、「活動報告書」を添えて、市役所子育て支援課こども元気プラザに申請してください。
  2. 交付決定後、「交付請求書」を提出し、請求補助金額を指定された口座に振り込みます。

留意事項

  • 申請は、実施した月ごとに翌月10日までに提出してください(締め切り日が閉庁日となるときは、その翌日)3月分は、当該年度の3月末日までに提出してください。

  • 申請内容に虚偽等がある場合は、不交付、返還請求をすることがあります。

申請先

子育て支援課こども元気プラザ

恵那市長島町中野414番地1
電話番号 0573-25-1155

この記事に関するお問い合わせ先

子育て支援課 子育て支援係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎2階

電話番号:0573-26-6819
ファクス:0573-26-2136