恵那市の市章・木・花

更新日:2020年01月30日

市章

市章の図

市章は、昭和29年公募により決定したもの。 この市章は、図案化されたエナであり、太陽と飛翔する鳥を表現し、翼の6枚の羽は、合併した六つの市町村を表している。 輝き昇る日の中を天空の一点を目指し合併した六つの市町村が左右の翼となり、三角形の中央の市民が一致団結し希望に満ちて、市の飛躍と発展を図る姿を象徴している。

市の花「ささゆり」

市の花「ささゆり」の写真

原産地は日本。ユリ科ユリ属で6月から7月にかけて花を咲かせます。 「市の花 ささゆり」は恵那市の豊かな自然を象徴する花であり、広い恵那の野山のどこにでも咲いている花の中から、優美で清楚なイメージを持ち、大切な故郷の現在を見つめ未来を守る、そんな思いを込めたシンボルです。

市の木「ハナノキ」

市の木「ハナノキ」の写真

日本固有種で、カエデ科カエデ属の木、カエデの仲間です。 高木落葉樹で、新芽が咲く前に赤い花を咲かせます。 「市の木ハナノキ」は岐阜県東濃地域の自然環境や風土を、身をもって表している植物の象徴であり、新生恵那市の力強い生命力をシンボルとして表現するものです。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 行政係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎3階

電話番号:0573-22-9207
ファクス:0573-25-6150