水道の凍結にご注意を

更新日:2024年01月19日

水道の凍結は外気温マイナス4度から

 恵那市内では、冬の時期に水道の凍結や凍結に伴う漏水事故が多発します。寒い日が続くと、水道管や蛇口が凍結しやすくなります。水道が凍結すると、水が出なくなるだけではなく、水道管が破損した場合は修理費用が必要になり、漏水により料金も大きな金額になります。

 いざというときに困らないように、自宅の「メーターボックス」と「止水栓」の場所を確認しましょう。止水栓を閉めて確実に水道水が止まることを事前に確認しておいてください。(止水栓は、「右回り」に回すと閉まります)

止水栓の閉め方

水道メーターボックスの一例

水道メーターボックスの一例

ボックスのふたを開けます。

ボックスのふたを開けます。

止水栓を閉めます(右に回すと閉まります)

止水栓を閉めます(右に回すと閉まります)。

凍結しやすい場所は

 「屋外にある蛇口」や「露出した水道管」は凍結しやすくなります。また、集合住宅の北側通路など「風通しの良いところにある水道メーター」も凍結することがあります。

 屋内でも、部屋の中の気温が非常に低くなると、蛇口などから凍結することがあります。

凍結を防止するには

  • 保温材や毛布、布などを巻いて、その上からビニールテープやガムテープなどを巻き付ける。
  • 不凍バルブがあるところは、バルブを閉め蛇口を全部開けて水を抜く。(完全に開閉しないと漏水の原因になるのでご注意ください)
  • スチロールなどの保温材をビニール袋に入れたものを、メーターボックス内に入れて保温する。(冬季以外はスチロールを取り出してください)
  • 蛇口を少し開け水をチョロチョロ出しておく。(水を出していても凍結する場合があります。また水を出し過ぎると料金が大きな金額になることがあります)

もし凍結してしまったら

 凍結して水が出ないときは、凍結したところにタオルを当てて、ぬるま湯をかけてゆっくり溶かします。いきなり熱湯をかけると破損する恐れがあるので注意してください。ヘアドライヤーの温風を利用するのも有効です。凍ってしまった場合は、その日のうちに水を出すようにしてください。

 凍結した場所が分からなかったり、凍結したところを温めても水が出ない場合は、下記恵那市指定給水装置工事事業者に相談してください。

水道管が破損してしまったら

 まずは、メーターボックスの中の止水栓を閉めて水を止めてください。その後、下記恵那市指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。

漏水しているかどうか確かめる方法

 「パイロットメーター」(下記写真参照)が動いているときは、水道メーターを通って水が動いている状態です。宅内側で水道を使用していないのに、水道メーターが動いているときは、宅内側のどこかで漏水している可能性があります。

パイロットメーター

パイロットメーター

料金の減免制度

 地下の埋設管など通常の管理では分からないような場所からの漏水については、水道料金や下水道使用料を減免する制度があります。詳しくは上下水道課までお尋ねください。

空き家や長期間留守にする場合は

 長期間留守にするときは、メーターボックスの中にある水道の止水栓を閉めておくと安心です。特に空き家は、給水装置の破損に気付かずに漏水の被害が拡大する恐れがあり、料金が大きな金額になることがあります。空き家など長期間留守にするときは、止水栓を閉めておくか水道の休止手続きをしてください。

この記事に関するお問い合わせ先

上下水道課 水道総務係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎2階

電話番号:0573-26-6844
ファクス:0573-25-8204