旧三宅家

更新日:2020年11月04日

旧三宅家の外観

住所

恵那市明智町1316番地1

電話番号

0573-54-3944 (日本大正村事務局)

アクセス方法

  • 車の場合 中央自動車道恵那ICから国道257号、国道363号で約40分

(駐車場あり、大型バス可)

  • 鉄道 JR中央線恵那駅から明知鉄道に乗り換え明智駅で下車、徒歩約10分

施設概要

恵那市指定文化財。

明智町馬木地区にあったもので、平成3年に明智町が寄贈を受け、翌年現在地に移築復元したものです。

三宅家は馬木村の有力な農家で、江戸時代の初めには旗本明知遠山家に仕えていましたが、寛文4年(1664)に帰農し馬木村に居を定めました。

住居は元禄元年(1688)に普請されたもので、近世中期の民家の特徴である鳥居建ての形式が残されています。内部は養蚕のために板の間が拡張され、三間取り(広間型)から四間取り(田の字型)に改造されています。梁や柱にちょうなの跡があり、梁木はヒノキが使用され、遠山家の許文が記されたものもあります。

近世農家建築の代表例として、昭和53年に明智町文化財に指定されました。

三宅家内部

利用可能時間

午前9時から午後5時(入場受付は午後4時半まで)

12月15日から2月末日は午前10時から午後4時まで

(大正村各施設の開館時間と同じ)

休館日

12月31日、1月1日(大正村各施設の休館日と同じ)

料金

入館料無料

問い合わせ

本施設は指定管理施設です。利用についての問い合わせは、財団法人日本大正村にお願いします。

財団法人日本大正村 電話0573-54-3944

(外部ページ:新しいウィンドウが開きます)

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 歴史資産整備係 

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎4階

電話番号:0573-22-9183
ファクス:0573-26-2189