司書のおすすめ本

更新日:2020年05月08日

表紙の画像掲載に関する著作権の許諾については、出版社の許可をいただいております。

新しく入った本からPick Up !

『チャラリーマンだった僕が人生は宝さがしだと気づいたら、世界に羽ばたくサムライ書家になっていた。』書影

チャラリーマンだった僕が人生は宝さがしだと気づいたら、世界に羽ばたくサムライ書家になっていた。

小林龍人/著
サンマーク出版
728.2/コ   

世界を舞台に「書道パフォーマンス」を行う「墨筆士」は、平凡な毎日を、どのように輝くステージに変えたのでしょうか。「今を生きる感覚」で道が切り拓かれることを、自身の経験に基づいて伝えます。

『空とぶ船とゆかいななかま』書影

空とぶ船とゆかいななかま ウクライナのむかしばなし

バレリー・ゴルバチョフ/再話・絵
こだまともこ/訳
光村教育図書
E/コ 

むかし、ある国の王さまが「空とぶ船に乗ってお城まで来たものを王女と結婚させる」とお触れを出しました。それを聞いた若者が、空とぶ船をさがしにでかけます。

『歴史ごはん』書影

歴史ごはん 信長、秀吉、家康たちが食べた料理つくって、味わい、歴史を知ろう

永山久夫/監修
くもん出版
K383/ク 

戦国時代の「汁講」、江戸時代の「かてめし」など、縄文時代から大正時代までの、歴史人物たちが食べたかもしれない料理を、身近な素材でアレンジして紹介します。

この記事に関するお問い合わせ先

中央図書館

〒509-7205
岐阜県恵那市長島町中野二丁目2番地5

電話番号:0573-25-5120
ファクス:0573-25-7036