ため池など農業水利施設を管理する方へ

更新日:2020年01月30日

  ため池は、農業用水が常に確保できない地域にとって重要な水源です。ため池が壊れる(決壊する)と、農業用水の不足ばかりでなく、農作物や農業用施設、さらには家屋などに甚大な被害を引き起こす恐れがあります。
   平成25年7月、近隣市でため池の止水板の老朽化が原因で水が流出し、工場が浸水被害を受ける事故が発生しました。このような被害を発生させないようにするには、日常の管理が重要です。ため池の管理者は、普段から施設の点検や必要以上に水位を上げないようにするなど、適正な管理をしてください(県が作成したため池簡易点検記録表を活用してください)。
   また、草刈りをした際には、刈り取った草が下流水路で詰まってあふれることもあるので、十分注意をしてください。

この記事に関するお問い合わせ先

農政課 農山村保全係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎3階

電話番号:0573-22-9194
ファクス:0573-25-8933