恵那市空き家バンク制度

更新日:2020年01月30日

概要・目的

空き家になってしまった家や、遊休土地(宅地)を有効活用するとともに、恵那市と都市住民との交流を拡大して定住促進による地域の活性化を図ることを目的としています。

内容

家、土地(宅地)の所有者から活用できる物件の情報を提供していただき、この情報を「恵那市空き家バンク」に登録して、恵那市に移住定住を希望する方に物件の紹介をするものです。

空き家バンクで紹介する物件は、恵那市への長期的な移住定住を希望する方にご紹介する物件です。

恵那くらしビジネスサポートセンター、恵那市では契約行為には一切関与できません。

助成

空き家バンク活用支援補助金

  1. 空き家バンクに登録された物件を、利用者が決定して改修などをする場合、改修費を補助。(50万円以上の補助対象経費の2分の1、限度額150万円)
  2. 補助対象物件の家財道具の搬出処分や清掃、除草、木の伐採等にかかる経費を補助。(5万円以上の経費の2分の1、上限額10万円) 賃貸・売買契約後、または空き家バンクに登録する前に利用可能
  3. 空き家バンクに物件を登録するために必要な所有権保存登記、表示登記、相続登記などの不動産登記費用を補助。(5万円以上の経費の2分の1、上限額10万円)

詳しくは

をご確認ください。

対象者

物件等 恵那市内に空き家や遊休土地(宅地)を所有している方

利用者 恵那市の定住促進事業などに理解を得られる方

対象となるもの

空き家バンクを利用する方は、以下のいずれかを要件とします。

  1. 空き家に定住し、または定期的に滞在して、経済、教育、文化、芸術活動などを行うことにより、地域の活性化に寄与できる方。
  2. 空き家に定住し、または定期的に滞在して恵那市の自然環境、生活文化などに対する理解を深め、地域住民と協調して生活できる方。

届出・期日

空き家の物件登録や利用者登録などは随時受け付けています。

提出先

恵那くらしビジネスサポートセンター

定休日の場合、恵那市役所まちづくり企画部地域振興課移住定住推進室

申請方法

申請の種類に応じて、必要な申請書を下記からダウンロードし、必要事項を記入後、市役所に持参してください(市から空き家バンク利用に関する注意事項の説明、空き家バンク活用の理由などの聞き取り、空き家バンクの利用登録などを行いますので、必ず一度は直接、恵那くらしビジネスサポートセンターへの来訪をお願いしています)。

来訪の際は、事前にメールかファクス、電話などで問い合わせください。

要綱など

ダウンロード

郵送による手続き

窓口で確認ください

空き家バンク制度説明

空き家バンク登録物件

この記事に関するお問い合わせ先

移住定住推進室

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎3階

電話番号:0573-22-9219
ファクス:0573-26-4799