2010年2月15日(122号)

更新日:2020年01月30日

地域の木を使った家づくりを支援(4月1日から)

恵那のヒノキ林

(写真)恵那のヒノキ林   市では、木材の需要拡大を目的に、地域材柱を利用して、市内に新築の木造住宅を建築した場合、固定資産税の減免または奨励金を交付します。この事業に申請する場 合は、事前にお問い合わせください。

問い合わせ 林業振興課林政係 電話番号0573-26-2111(内線526)

えなの木で家づくり支援事業(抜粋)

事業適用の条件

 地域材(注意1)(要証明書)の柱を30本以上使用した木造住宅

 市内建設業者(注意2)との間で請負契約を締結し、新築する1戸建ての住宅

 平成22年4月1日から平成24年1月1日の間に請負契約を締結し、平成25年1月1日までに完成して、登記・転入が完了

減免または交付金額

 市内在住者については、120平方メートル以下の部分に課せられる固定資産税の2分の1を3年間減免

 転入者(注意3)については、地域材柱の使用量に応じて4万5千円から20万円を交付

(注意1)地域材 市内で伐採された木材。ただし、やむを得ない場合は県産材を含む

(注意2)市内建設業者 法人は市内に本店、個人は市内に主たる事業所があること

(注意3)転入者 過去3年間、市内に住民登録がなく、請負契約を締結した後に転入した方  

恵那のヒノキ林

(写真)地域材の柱

広報えなPDFファイル

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 広報広聴係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎3階

電話番号:0573-22-9176
ファクス:0573-25-6150