2010年8月15日(134号)

更新日:2020年01月30日

そのとき、何ができますか 市防災訓練 9月5日(日曜日)午前8時に避難開始

広報えな(土砂被害にあった家屋)

(写真)7月15日の集中豪雨は1時間に50ミリの降雨があり、中野方町の民家では大量の土砂が押し寄せる被害があった

ことしは、上矢作町を中心に甚大な被害をもたらした「恵南豪雨災害」から10年。また、7月15日に発生した中野方町を中心とした豪雨では、土砂くずれ 5カ所や床上浸水1棟、床下浸水16棟の被害があったばかりです。地震災害や豪雨災害など災害は、いつ起こるか分かりません。

大きな災害になればなるほど、市民と地域が一体となった取り組みが必要となります。災害時、人はパニックになり、どう行動すればいいのか分からなくなります。いざというときのため防災訓練に参加して、行動できるすべを身につけてください。  

午前8時、サイレン吹鳴(防災行政無線・音声告知器)、避難開始、1次避難場所への避難訓練と人員把握訓練、2次避難訓練と初期訓練

(イラスト)避難から初期訓練までの手順

問い合わせ 防災情報課 電話番号0573-26-2111(内線317)

広報えなPDFファイル

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 広報広聴係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎3階

電話番号:0573-22-9176
ファクス:0573-25-6150