財政状況

更新日:2020年01月30日

財政状況資料集

財政状況について理解いただくため、市の財政状況に係る資料を開示します。 平成22年度決算から、財政状況や健全化判断比率、財政比較分析表などの情報がまとめられ、当情報は総務省のウェブサイトでも公表されています。

健全化判断比率と資金不足比率

平成20年4月1日より「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」が一部施行され、すべての地方公共団体は平成19年度決算から健全化判断比率と資金不足比率を算定し、監査委員の審査に付した上で、議会に報告し、かつ、公表することが義務付けられましたので、恵那市の健全化判断比率と資金不足比率を公表します。

財政状況等一覧表

市民の皆さんに財政への関心を深めていただくために、一般会計に加え企業会計などの特別会計の状況や第三セクターなどの経営状況や財政援助の状況も含めた総合的な財政状況を定期的に公表していきます。

半期ごとの財政状況について

第三セクターの経営状況について

恵那市が出資している法人の経営状況について公表します。対象は、総務省が行う「第三セクター等の状況に関する調査」における法人とし、そのうち市の出資割合が50パーセント以上の9法人について公表します。また、調査対象ではないものの、市の出資割合が25パーセント以上である法人についても公表します。

第三セクターについては、「第三セクター等の経営健全化の推進等について」(平成26年8月5日付け総財公第101号総務大臣通知)により、「第三セクター等の経営健全化等に関する指針」が示されています。

この指針では、地方公共団体は、関係を有する第三セクター等について、自らの判断と責任により徹底した効率化・経営健全化等についての取組を進め、もって財政規律の強化に努めることが必要であるとされています。一方で、民間企業の立地が期待できない地域における産業の振興や雇用の確保、公共性、公益性が高い事業の効率的な実施等が強く期待されるところであり、第三セクター等はそれらを実現するための有効な手法となる場合があるとされています。

今後も引き続き、上記の趣旨を踏まえ、効率化・経営健全化と地域活性化等の両面に取り組んでまいります。

恵那市の第三セクター一覧

社 名 資本金(市出資比率) 業務概要 決算書
(公財)日本大正村 20,000千円 (100.0パーセント) 大正村事業の推進 平成29年度決算書
株式会社大正ロマン 68,544千円 (99.9パーセント) 観光振興及び特産品の販売 平成29年度決算書
(公財)恵那市体育 連盟 104,000千円 (68.2%) 各種大会運営、組織強化、スポーツ少年団の育成等 平成29年度決算書
(一財)恵那市施設 管理公社 5,000千円 (100.0パーセント) 公園管理、給食センター事業、市役所等日直、道路保守業務 平成29年度決算書
(公財)恵那市文化 振興会 107,054千円 (96.0パーセント) 自主事業、伝統芸能大会、芸術文化に関するイベントの実施 平成29年度決算書
(公財)中山道広重 美術館 100,000千円 (100.0パーセント) 美術館の管理運営 平成29年度決算書
(一財)国民宿舎 恵那山荘 4,000千円 (50.0パーセント) 国民宿舎恵那山荘及び恵那山高原国民休養地の管理・運営 平成29年度決算書
有限会社くしはらの里 15,000千円 (66.7パーセント) 特産品の製造販売 平成29年度決算書
明知鉄道株式会社 200,000千円 (28.25パーセント) 鉄道事業 平成29年度決算書
恵那市土地開発 公社 5,000千円 (100.0パーセント) 団地の売却 平成29年度決算書

社名欄は一部法人サイトにリンクしています。 決算書はPDFページにリンクしています。    

この記事に関するお問い合わせ先

財務課 財政係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎3階

電話番号:0573-22-9206
ファクス:0573-25-6150