2010年6月15日(130号)

更新日:2020年01月30日

国重要文化財 武並神社本殿の竣工際

大井町の国道19号沿いにある国重要文化財の武並神社本殿は、1220(承久2)年に創建されたと言われています。長年の風雨や戦乱にさらされ、再建され たのは1564(永禄7)年。今回は、446年ぶりに腐朽した本殿を、2007(平成19)年度から2年8カ月かけて、全面解体し修理・復元する工事が無事終了しました。  

修復された武並神社本殿

(写真)修復された武並神社本殿   今回の工事は解体調査をしたことで、彫刻やデザインなど戦国時代に再建された本殿の時代的な特徴や、再建当時の資料・部材が多く残されていることが判明。そのことから、再建当時の形で復元し、悠久のときを超えた本殿が再現されました。

修理復元工事の完成を記念して、次のとおり竣工(しゅんこう)祭が開催されます。

とき 6月27日(日曜日)午前10時から正午

ところ 武並神社

内容 午前10時から神事や巫女舞(みこまい)などの祭礼

 11時ごろから福投もち

 11時15分ごろから本殿見学

 当日の駐車場は、市消防防災センターをご利用ください

問い合わせ 武並神社 電話番号0573-25-1481

広報えなPDFファイル

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 広報広聴係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎3階

電話番号:0573-22-9176
ファクス:0573-25-6150