防災情報サイト

更新日:2022年07月26日

事前に確認できること

 

 ご自分が住んでいるところが大雨が降った場合に危険な場所であるかをハザードマップなどで事前に確認してください。 
 土砂災害ハザードマップで赤色や黄色の場所(土砂災害の危険がある場所)に住んでいる方で、「警戒レベル3高齢者等避難」が発表された場合、避難に時間がかかる方は、安全な場所(色が付いていない平らな場所)に避難を開始してください。その後、雨が強くなり、「警戒レベル4避難指示」が発表された場合、対象となる地区の方は、全員安全な場所(色が付いていない平らな場所)に避難をしてください。

避難の方法

 避難とは、難を避けることを言います。土砂災害の危険がある場合の避難方法は3つあります。
 ・行政が指定した避難場所への避難
 ・安全な場所にある集会施設、または親戚宅や知人宅への避難
 ・安全な場所にあるホテルや旅館などへの避難
 土砂災害の危険がある場所に住んでいる方は、あらかじめ避難先と避難をするタイミングを決めておき、いざという時にはただちに避難ができるように準備してください。
 警戒レベル5になるまで避難をすることができなかった場合は、宅内で一番高い場所に移動し、斜面からできるだけ離れた場所で身の安全を確保してください。

防災関連リンク

災害・減災に関する助成

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課 危機管理係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎3階

電話番号:0573-22-9184
ファクス:0573-26-4799